トイレ事情について。

こんばんは(/・ω・)/
やっと秋らしい気候になってきましたが!
体調を崩さないように日々いきましょう・・・!( ˘•ω•˘ )

さて、本日はトイレ問題。
外で女装する方であれば一度はぶつかる問題。

日本では戸籍上性別が男性であれば男性トイレに入りますが
女装していると中々入り辛いですよね(´・ω・`)




ニューヨークでは現在、このような表記のトイレが増えているようです。   ある記事では2018〜2019年の春ごろにかけて、図書館などで それまでは男女別に別れていた2つのトイレが その垣根無く『男女兼用』に変わっていたそうだ。 まだまだ進化途中の為、様々なタイプのトイレがある。 ★個室が1つもしくは2つで、性別にかかわらずどちらを使用してもよいタイプ ★トイレに入るドアが1つで、中に入ると個室が連なっていて、  性別にかかわらずどの個室を使用してもよいタイプ 後者のタイプの場合、シンク(手洗い場)も男女兼用だから、 手を洗っていると見知らぬ異性と隣同士になったり、 トイレ内ですれ違ったりということもままある。

そんな中、渋谷PARCOの館内には、多機能トイレとは別に、 2フロア(地下1階・6階)に「Personal room(パーソナルルーム)」と称したトイレが設置された。 広々とした清潔感のある個室トイレで、性別を問わずに利用ができる。 近年は「オールジェンダー」と表示するケースも増えているが、 名称を「パーソナルルーム」にすることで、利用することがカミングアウトに 繋がらないように配慮したという。

男性トイレ、女性トイレの手前に「パーソナルルーム」がある。 ピクトグラムなどもなく、一見するとトイレと分かりづらいが、 それゆえに抵抗なく利用できそうだ。 それでもまだまだ性に対して発展途上な日本だから これからの変化に注目したいと思う。
関連する記事
2021042301Thumbnail
2021030521Thumbnail
2021100401Thumbnail

ちょっと雑談 へ戻る

トップページへ